原田先生のリウマチコラム

原田先生のリウマチコラム

リウマチ患者さんへ 無理しない料理作りのすすめ

ただでさえ面倒な食事作り、これを関節が痛かったり、変形があったりすれば、どれだけ億劫だろうと良く思います。関節リウマチ患者さん向けに、負担のかからない料理法や上手な手抜きの仕方など調べてみました。
原田先生のリウマチコラム

リウマチ患者はがんになりやすいのか

関節リウマチ患者さんと悪性腫瘍全体のなりやすさは一般集団の統計結果と変わりありません。ただし悪性腫瘍のなかで悪性リンパ腫は関節リウマチの患者さんに起こりやすい結果が出ています。リンパ節の腫脹を感じたら早めのご相談をおすすめいたします。
原田先生のリウマチコラム

関節リウマチ患者さんの災害への備え

関節リウマチの患者さんが災害時に備える、日常の準備やとくに注意すべき点をお知らせいたします。MTXなどの飲み薬、生物学的製剤などの注射薬はどのようにすればよいのか。災害時、関節リウマチ患者さんは特にどんなことに注意するのが良いかまとめました。
原田先生のリウマチコラム

関節リウマチと帯状疱疹について

帯状疱疹は、水ぼうそうと同じウイルスが原因で起こる皮膚の病気です。50代以上で発症のリスクが高くなります。とくに関節リウマチの患者さんは一般の人に比べ2倍の確率で発症しやすいことがわかっています。今回は帯状疱疹の治療法や予防接種ワクチンについてご案内します。横浜市のリウマチ科 神奈川リウマチクリニックのリウマチコラム。
原田先生のリウマチコラム

シェーグレン症候群について

シェーグレン症候群とは膠原病のひとつでドライアイやドライマウスの症状が特徴的であり、関節リウマチや他の膠原病と合併することが多い病気です。このシェーグレン症候群について、診断・治療・予防にかかわる日常生活の心掛けについてリウマチ専門医が紹介いたします。横浜市 リウマチ科 神奈川リウマチクリニックコラム。
原田先生のリウマチコラム

関節リウマチと骨粗鬆症について

関節リウマチ患者さんは一般の方より2倍骨粗しょう症になりやすく、骨折リスクも1.5-2.4倍高いことが知られています。骨粗しょう症だと軽いけがで骨折しやすくなります(脆弱性骨折といいます)。予防するためには早期の治療が必要です。骨粗しょう症の治療や防止の方法をお知らせします。神奈川リウマチクリニックのリウマチ専門医のリウマチコラム。
原田先生のリウマチコラム

家族が関節リウマチといわれたら

自分の親しい人が突然関節リウマチと診断されたら、きっと驚くと思います。リウマチってなんだろう、治らないのかしら、自分は何をしてあげられるだろう。そんなときに参考になりそうなことをまとめました。神奈川リウマチクリニックのリウマチ専門医のリウマチコラム。
原田先生のリウマチコラム

関節リウマチと心臓のトラブル

関節リウマチ患者さんでは、動脈硬化のリスクが高いことが知られています。関節リウマチが起こす動脈硬化のリスクの原因や動脈硬化を防ぐにはどうしたら良いのかを紹介しています。神奈川リウマチクリニックのリウマチ専門医のリウマチコラム。
原田先生のリウマチコラム

リウマチに起こるいろいろな症状

関節リウマチは実は全身の病気であり、関節の腫れ以外にも様々な症状を起こします。関節リウマチに関連して起きる身体の症状について解説します。神奈川リウマチクリニックのリウマチ専門医のリウマチコラム。
原田先生のリウマチコラム

関節リウマチの歴史

関節リウマチの歴史は古く、西洋では紀元前の壁面、日本でも万葉集などに記録され、大昔から関節の変形や痛み、腫脹などに悩まされていることがわかります。現在でも多くの関節リウマチ患者が症状に悩んでいらっしゃいますが、メトトレキサートなど多くの関節リウマチ治療薬が開発されたことで、病状の進行を抑えることができ、「寛解」を考えることができるようになりました。